武田歯科医院 - 鶴岡市 山形 歯科 予防歯科 インプラント ホワイトニング バネない入れ歯 ホワイトエッセンス鶴岡

鶴岡市にある歯医者 武田歯科医院 大切なことは・・・歯と一生お付き合いするための予防です!

歯の無料相談会

歯の無料相談会 《 番 外 編 》

《 コロナウイルスの感染対策 》

ウイルス感染予防には「口」がポイントになります!!

 皆さんもご存知のように、ウイルスの感染は「目・鼻・口」から起こります。それはPCR検査をする際に、どの部位から検体を採取するかを考えてもらえば、わかると思います。

人ごみに近づかない > マスクで飛沫を防御 > 口腔内を清潔に保つ

 ウイルス感染症に代表的なインフルエンザ対策でも、口腔内清掃が重要視されています。喉の粘膜細胞は、表面を覆う糖タンパクのバリアーによって保護されており、インフルエンザウイルスがいるだけでは感染しません。しかし、口の中の汚れは細菌です。それらが出すたんぱく質分解酵素(プロテアーゼなど)をウイルスが得るとバリアーを破壊して細胞内に侵入し、インフルエンザ発症となるのです。特に歯周病菌は、強力なたんぱく質分解酵素を持っていますので口腔ケアが重要となるわけです。

 口腔内が不潔だと、歯周病菌が気管に入るので肺にまで達し、誤飲性肺炎を引き起こしてしまいます。日本人に肺炎が多いのは、先進国の中でも口腔環境が悪いからとも言われております。それゆえ歯科医院での口腔清掃が大事になります。
もちろん毎日の自宅での丁寧なハミガキもとても大事です。
口腔ケアを徹底するために、舌磨き(やさしく)も効果的です。

歯の無料相談会のご案内

対象:乳幼児と保護者
時間:11時~
開催日について
新型コロナウイルス感染症の拡大の懸念から、当面の間開催を見合わせます。
開催日については、今後の状況に応じて改めてお知らせ致します。
ご理解ご協力をお願いいたします。

子供の食べ物による「窒息事故」防ぐために出来ること
掲載日 10月1日(木)

 先日、ブドウを食べて窒息してしまった、悲しい事故のニュース(2020.9.8)がありました。
そんな悲しい事故が起こらないようにするためにも、窒息の原因となりやすい食べ物を知っておくことも大事なことです。一般的に子供の口に入る大きさの目安は、トイレットペーパーの芯の大きさ、または大人の親指と人差し指で作った丸を通る大きさと言われています。中でも特に窒息しやすい形や性質として「弾力があるもの、つるっとしたもの、丸いもの、粘着性が高いもの、固いもの」といった特徴が挙げられます。具体的には、プチトマト、ぶどう、サクランボ、ピーナッツ等豆類、餅、白玉団子・こんにゃくなどがあり、アメリカの報告では、ホットドッグも上位だそうです。それから最も忘れていけないのは、大人と違い 子供は「噛む力が弱く、咳もうまく出せない」のです。だからといって、これらの食べ物を食べさせないということではありません。成長に合わせて食べ方を覚えることが必要だと思います。
そこで食育が大切なのです。
  • 食べることに集中する
  • 水分を摂ってのどを潤してからたべる
  • 遊びながら食べない。走り回らない
  • 口の中に食べ物があるときはしゃべらない
  • よく噛んで食べる
参照Yahoo!ニュース
日本小児科学会指導医 坂本昌彦
子供の定期検診ってどんなことをするの?
掲載日 9月1日(火)

 最近は、歯科医院に虫歯の治療で通院するというよりも、定期検診で通う方が増えています。お子さんにも同じことが言えます。特にお子さんは、成長がありますからクリーニングをして、虫歯なくて良かったね。それでは、フッ素を塗布して、おしまいという訳にはいきません。年齢に合わせたあごの成長がみられるのか、年齢に合わせた歯の生えかわりをしているのか、などなどです。それらを確認するために、1年に1度、レントゲンを撮らせて頂いています。歯の本数がそろっているのかをみます。時々、先天的に欠如しているケースや、逆に過剰歯があるときもあります。その場合は、将来どうした方がいいのかを適切に判断する必要があるからです。また、骨の中にある永久歯の向きもチェックします。生えかわりに大きな影響があります。
 もちろん、ハミガキの状態も重要です。仕上げ磨きの必要性もお話します。お子さんの歯が、永久歯に生え変わる、とても大切な時期です。それゆえ、定期検診がとても大切なのです。

虫歯予防にはフッ素だけど、過信はしないで
掲載日 8月1日(土)

 フッ素の効果を過信していませんか。ある患者さんから、「フッ素を塗っていると虫歯にならないからいつでも何を食べても大丈夫でしょ」と言われたことがありました。フッ素の効果は、歯の質を丈夫にするもので。歯は構造的に未熟な状態で生えてきます。生えたての歯は唾液の成分を吸収しながら4~5年かけて一人前の硬い歯に完成します。その未熟な期間を短くする効果がフッ素にはあります。又、質的にもフルオロアパタイトになり通常に完成した歯よりも硬く丈夫になります。それらの効果を期待するために歯科医院では、フッ素塗布を推進しています。
 本来、子供の成長に合わせた生活を送っていると、乳臼歯が生えそろってからでないと、虫歯にはなりにくいと言う報告があります。それ以前に虫歯が出来たケースは、食事・おやつの時間がダラダラしている。いつもジュースが飲める。ご飯のとき遊びながら食べていて食べることに集中していない。夜寝る前に何か食べている。夜更かしをしている・・などなどです。
フッ素は、あくまでも虫歯予防の一つの方法です。過信はしないで下さい。
基本は、子供の成長に合った時間に起きる・寝る・食べる。体を使って遊ぶ。とにかく元気に育てることが大切だと思います。