武田歯科医院 - 鶴岡市 山形 歯科 予防歯科 インプラント ホワイトニング バネない入れ歯 ホワイトエッセンス鶴岡

鶴岡市にある歯医者 武田歯科医院 大切なことは・・・歯と一生お付き合いするための予防です!

子育て中の保護者の方に役立つミニコラム掲載

ミニコラム 《 番 外 編 》

新型コロナウイルス感染症対策
「免疫力が強い子」の親がしている4大習慣
 新型コロナウイルスの影響で、世の中が大きく変わりつつあります。そんな変化の激しい現代において「子どもに何をしてあげられるか」という観点から『子育てベスト100 「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり』・・加藤 紀子著から紹介したいと思います。

【現代は、「免疫力を弱める」環境】

 現代では、除菌・殺菌が行き届き、かつてより衛生環境がよくなり、子どもたちは清潔な環境で安心な暮らしを送れるようになりました。ですが、その反面、子どもたちが雑菌に触れる機会が減っていることも原因の一つです。また、パソコンやネット環境が進化した結果、運動不足や睡眠不足、ストレスを抱えた子どもも増えており、そうした問題も免疫力を低下させています。

=子どもに免疫力をつけてあげるために=

【その1】「タンパク質」で筋肉をつける
 白血球には、免疫を担当する細胞が集まっています。体温が上がると血流が良くなり、白血球が体中めぐることで、免疫力が発揮されます。体温を上げるには筋肉が重要です。ですから、タンパク質(肉・魚・牛乳・豆類など)をしっかりとって筋肉をつけることが大切です。

【その2】「いろいろなおかず」を食べさせる
 免疫細胞を活性化させるには、タンパク質が必要です。ビタミン類も細胞の免疫機能を助けますし、亜鉛などのミネラル類も、免疫細胞を保護するために必要です。このように免疫力は、多くのの割合でいろいろな種類のおかずを食べたり、「旬の食材」を意識したりすることで、自然にバランスがとれます。

【その3】「日光」を浴びる機会を与える
 紫外線を浴びることで人間がみずから合成出来るビタミンが「ビタミンD」です。ビタミンDは、がんや免疫疾患、感染症の発症予防に関係しています。紫外線は、悪とみなされがちですが、紫外線の強い時間帯に肌の極端な露出を避ければ、30分程度の散歩をするだけでも多くのビタミンDが合成され、免疫力を高められます。

【その4】「十分な睡眠」をとらせる
 睡眠不足は免疫力を低下させます。たくさん体を動かし、睡眠のリズムが整えば、自律神経の働きがよくなって、低体温などの体温異常が減少するといいます。しっかりと体を動かして、たっぷりと睡眠をとることで体温が安定し、免疫力が高まります。

ぜひ、参考にして下さい。
DIAMOND Onlineより

ミニコラム記事

上の前歯がくっついていない
掲載日 2月1日(水)

 幼稚園・保育園の年長さんや小学校一年生ごろになると、下の前歯の生え変わり又は、6歳臼歯の萌出から永久歯への生え変わりが始まります。その後に、上の前歯が生えてきます。その時生え始めの前歯には、よく歯と歯の間に隙間があることがあります。隣の歯が萌出してくることで、隙間は閉じてくるのですが、中にはいつまで経っても閉じてこないケースがあります。その場合は、骨の中に過剰歯があったり、上唇小帯(上のくちびるをめくると見える筋)に異常があると前歯が閉じてきません。これらのケースはご家庭ではわからないのと、タイミングがポイントになるので、日頃から歯科の定期的な受診をおススメします。
仕上げ磨きを頑張ると、歯磨きが上手な子になります
掲載日 1月1日(日)

 小学生になると、「仕上げ磨きは卒業してもいいですか?」と、よく質問があります。答えは、「まだです。小学生3年生いっぱいは、仕上げ磨きをしてあげてください。」お口の中が、乳歯だけの時は『年長さん』一人でも上手みがくことが出来ます。しかし、生え変わりが始まると、抜けたところの隣の歯や、じわじわと永久歯が生えてくる段差など、大人でも磨くのが難しい環境になります。それと手の器用差の発達にも関係があります。親子さんが、ひとりで上手に磨けるようになるまで、仕上げ磨きを丁寧にしてあげていると、子供たちは、お口のキレイさを覚えます。磨くコツも体感していきます。ぜひ、1日1回丁寧に磨いてあげて下さい。
乳歯が抜けたのにいつまでも永久歯が生えてこない!?
掲載日 12月1日(木)

 年長さんや1年生になって、乳歯が抜けたのにいつまでたっても永久歯が生えてこないと、心配する親ごさんの声を耳にする時があります。確かに、年長さんや1年生になると、下の前歯に大人の歯が生えてきたと、うれしそうに話してくれることがよくあります。ほとんどの場合は、歯科的には、特に問題はありませんというのが答えになります。永久歯は6歳頃、奥に6さい臼歯や下の前歯から萌出し始めますが、前後1年くらいの違いは標準値です。ですからもう少し自然に生えてくるのを待っても良いのです。その場合は、良く噛んで顎を成長させるようにしましょう。しかし、まれに顎の骨の中で過剰歯がじゃまをしていたり、となりの歯に引っかかっていたりと萌出できない理由がかくれていることがあります。そこで歯科医院での定期な検診がとても大事になります。そして1年に1度くらいのレントゲンを撮影していくことをすすめます。