武田歯科医院 - 鶴岡市 山形 歯科 予防歯科 インプラント ホワイトニング バネない入れ歯 ホワイトエッセンス鶴岡

鶴岡市にある歯医者 武田歯科医院 大切なことは・・・歯と一生お付き合いするための予防です!

歯の無料相談会

歯の無料相談会のご案内

対象:乳幼児と保護者
時間:11時~
開催日時:
12月7日(土)
次回開催予定:2020年3月を予定しています。
場所:
武田歯科医院2階フロアー
ご希望の方は、2日前までに受付にお申込み下さい。
※お申し込みは受付まで。
※定員がありますので、なるべくお早めにお申し込み下さい。
歯の生えかわり順調ですか!?
開催日 12月7日(土)開催予定
 小学1年生ぐらいになってくると乳歯と永久歯との生えかわりが始まってきます。この時期になっても1本も生えてこないと、心配する親ごさんの声を耳にすることがあります。また反対に、幼稚園・保育園の年中・年長さん頃からが下の前に永久歯が生えてきたという声もよく聞きますが歯科的には、個人差の範囲なのでどちらも正常です。それよりも、最近の子供達のお口の中で気になることは、永久歯が無い<先天的欠如>のお子さんが多いということです。確かに、以前から小臼歯の本数が足りないというケースはありました。理由としては、退化現象<硬いものを食べなくなったので、歯の必要性が無くなったから?>と言われていますが、その真実はわかりません。問題は、その頻度です。私が新人(35年くらい前)だった頃と比べてもかなり多くなったと思います。そこで歯科医院での定期な検診がとても大事になります。永久歯の本数はそろっているのか?、それとも先天性欠如なのか?を確認するためにも1年に1度くらい(永久歯は、顎の中で月齢で完成させていくため)レントゲンを撮影していくことをすすめます。
今年のインフルエンザの流行は例年より早めです。
開催日 11月16日(土)開催
 朝晩の寒さが堪える季節になりました。そしてインフルエンザの季節でもあります。今年の流行は例年より早いと報告されています。インフルエンザ予防に、「あいうべ体操」が効果的とテレビで見ました。「あいうべ体操」は、口の周りの表情筋などの筋トレです。口の周りの筋肉が弱いと、口を閉じることが容易でなく、口呼吸になってしまいます。口で呼吸をすると酸素といっしょにインフルエンザウイルスも肺の中に侵入してしまいます。そしてインフルエンザに感染してしまうことがあります。だから、鼻呼吸が大事なのです。鼻で呼吸を行っていると、鼻毛などの身体のフィルターにかかり、鼻腔は湿度が高いので、インフルエンザウイルスが通過するとウイルスのパワーが弱くなうと言われています。それゆえに、口の周りの筋肉は重要ポイントになります。
 また、歯科の立場からお話すると、口の周りの筋肉がしっかりあって、鼻呼吸をすると舌は本来のポジションにいくので、歯並びにもいい影響を与えてくれることが、わかっています。
ベロ(舌)の働きは、動きと位置がポイントです!
開催日 10月12日(土)開催
 舌の働きと言えば、ご存知のようにお話しをする時、食べる時にとてもちからを発揮します。
舌の動きが悪いと、発音がハッキリしなかったり、食べる時に飲み込みが大変になってしまったりします。
実は舌の動きが悪くなる原因に、普段の舌の位置が大きく関係があるのです。舌の位置?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これが発音や歯並びに違いが出てくるのです。本来、舌の安静時の位置は、
上顎に吸い付いています。鼻呼吸をしている時の位置です。なので口呼吸をしていると、舌が下の前歯の近くにいるようになってしまい、舌の筋力が弱くなり、飲みこみが難くなったり、サ行、タ行、ラ行などの発音がうまく出来なくなったりします。また、歯並びにも悪影響がでることもあります。舌の動きや位置は、本当に
重要ポイントなのです。