武田歯科医院 - 鶴岡市 山形 歯科 予防歯科 インプラント ホワイトニング バネない入れ歯 ホワイトエッセンス鶴岡

鶴岡市にある歯医者 武田歯科医院 大切なことは・・・歯と一生お付き合いするための予防です!

歯の無料相談会

歯の無料相談会 《 番 外 編 》

新型コロナウイルス感染症対策
「免疫力が強い子」の親がしている4大習慣
 新型コロナウイルスの影響で、世の中が大きく変わりつつあります。そんな変化の激しい現代において「子どもに何をしてあげられるか」という観点から『子育てベスト100 「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり』・・加藤 紀子著から紹介したいと思います。

【現代は、「免疫力を弱める」環境】

 現代では、除菌・殺菌が行き届き、かつてより衛生環境がよくなり、子どもたちは清潔な環境で安心な暮らしを送れるようになりました。ですが、その反面、子どもたちが雑菌に触れる機会が減っていることも原因の一つです。また、パソコンやネット環境が進化した結果、運動不足や睡眠不足、ストレスを抱えた子どもも増えており、そうした問題も免疫力を低下させています。

=子どもに免疫力をつけてあげるために=

【その1】「タンパク質」で筋肉をつける
 白血球には、免疫を担当する細胞が集まっています。体温が上がると血流が良くなり、白血球が体中めぐることで、免疫力が発揮されます。体温を上げるには筋肉が重要です。ですから、タンパク質(肉・魚・牛乳・豆類など)をしっかりとって筋肉をつけることが大切です。

【その2】「いろいろなおかず」を食べさせる
 免疫細胞を活性化させるには、タンパク質が必要です。ビタミン類も細胞の免疫機能を助けますし、亜鉛などのミネラル類も、免疫細胞を保護するために必要です。このように免疫力は、多くのの割合でいろいろな種類のおかずを食べたり、「旬の食材」を意識したりすることで、自然にバランスがとれます。

【その3】「日光」を浴びる機会を与える
 紫外線を浴びることで人間がみずから合成出来るビタミンが「ビタミンD」です。ビタミンDは、がんや免疫疾患、感染症の発症予防に関係しています。紫外線は、悪とみなされがちですが、紫外線の強い時間帯に肌の極端な露出を避ければ、30分程度の散歩をするだけでも多くのビタミンDが合成され、免疫力を高められます。

【その4】「十分な睡眠」をとらせる
 睡眠不足は免疫力を低下させます。たくさん体を動かし、睡眠のリズムが整えば、自律神経の働きがよくなって、低体温などの体温異常が減少するといいます。しっかりと体を動かして、たっぷりと睡眠をとることで体温が安定し、免疫力が高まります。

ぜひ、参考にして下さい。
DIAMOND Onlineより

歯の無料相談会のご案内

対象:乳幼児と保護者
時間:11時~
開催日について
新型コロナウイルス感染症の拡大の懸念から、当面の間開催を見合わせます。
開催日については、今後の状況に応じて改めてお知らせ致します。
ご理解ご協力をお願いいたします。

来春は、1年生です。
掲載日 10月1日(金)

 10月は、来期に小学校に入学予定の園児たちの就学時健診があります。虫歯の有無はもちろんのこと、歯並びを診ます。またそれに加えて、発音のチェックもあります。発音は、口唇を含む口の中の周りの筋力やその動きと舌の筋力とその動きが、関係あります。口唇を動かさないで喋ると発音がはっきりしません。「あ・い・う・え・お」の口の開き方を正しく開くことがポイントです。そのためには、口の周りの筋肉もしっかり使います。お口ポカーンでは、きれいな発音は出来ません。そしてもう一つ大事なポイントが、舌の動きです。「サ行・タ行・ラ行」を発音する時は、舌が上あごに挙上して発音します。こちらもお口ポカーンでは、舌の筋力がなくきれいな発音が出来ません。きれいな発音をするためには、口の周りの筋肉と舌の筋肉の筋トレと正しい姿勢が大切です。
口腔機能の発達に合わせた離乳食の進め方
掲載日 9月1日(水)

 離乳食は、生後5・6か月頃から1日1回、子どもの様子を見ながら1さじから始めます。そして調理形態は、なめらかにすりつぶした状態です。この時期の主食はもちろん母乳又はミルクになります。7・8か月頃では1日2回食になり、いろいろの味や舌ざわりの食品が増えてきます。調理形態は、舌でつぶせる固さです。9~11か月頃になると、食事のリズムを1日3回食に進めていきます。家族一緒の食卓を楽しんで食べます。歯ぐきでつぶせる固さです。12~18か月頃は、手づかみ食べを覚えはじめ、ひとり食べが始まります。調理形態は、歯ぐきでつぶせる固さのままです。大人と同じ調理形態になるのはまだ先です。それは口腔機能の発達が関わってくるのです。歯が生えそろってこそ噛んで食べることが出来るのです。離乳食の進め方は、生えている歯の本数が深く関係するのです。離乳食はお子さんのお口の中と相談しながら進めて下さい。
噛むことの、素晴らしい効用がぞくぞくと 「食」の摩訶不思議  著市来英雄より
掲載日 8月1日(日)

 嚙むことは、脳を使うこと、つまり脳を働かせる。食べ物を小さく砕き、つぶし、消化を助ける。味覚を刺激し、おいしさが増す。嚥下しやすくなるようにと、食塊を適度に形作る。唾液や胃液の分泌を良くし、消化吸収を助ける。食品中の危険物を発見してくれる。子どもの発育を促す。子どもの脳の発育を促す。記憶促進。知性を高めるし、精神的にも好ましい影響を与える。精神統一や注意を集中させてくれる。脳卒中を予防する。精神を安定させる。ストレス解消にもなる。目の毛様体の筋肉を鍛え、視力低下を防止する。肥満を防止する。またはスリムになれる。瞬発力を養う。口腔内の清掃作用を促す。味覚の発育を促す。正常な咬合と歯並びをつくる。正常な発音と美しい言葉を生み出す。がんの予防につながる。老化防止につながる。アレルギーやアトピー予防につながる。ストレスを発散させる。本能的な満足感が満たされる。メタボリックシンドロームを予防する。・・・です。嚙むことでの効用を活かせるように、水・麦茶等での流し込みの食べ方でなく、姿勢正しく、良く噛んで食べましょう。