武田歯科医院 - 鶴岡市 山形 歯科 予防歯科 インプラント ホワイトニング バネない入れ歯 ホワイトエッセンス鶴岡

鶴岡市にある歯医者 武田歯科医院 大切なことは・・・歯と一生お付き合いするための予防です!

歯の無料相談会

歯の無料相談会 《 番 外 編 》

《 コロナウイルスの感染対策 》

ウイルス感染予防には「口」がポイントになります!!

 皆さんもご存知のように、ウイルスの感染は「目・鼻・口」から起こります。それはPCR検査をする際に、どの部位から検体を採取するかを考えてもらえば、わかると思います。

人ごみに近づかない > マスクで飛沫を防御 > 口腔内を清潔に保つ

 ウイルス感染症に代表的なインフルエンザ対策でも、口腔内清掃が重要視されています。喉の粘膜細胞は、表面を覆う糖タンパクのバリアーによって保護されており、インフルエンザウイルスがいるだけでは感染しません。しかし、口の中の汚れは細菌です。それらが出すたんぱく質分解酵素(プロテアーゼなど)をウイルスが得るとバリアーを破壊して細胞内に侵入し、インフルエンザ発症となるのです。特に歯周病菌は、強力なたんぱく質分解酵素を持っていますので口腔ケアが重要となるわけです。

 口腔内が不潔だと、歯周病菌が気管に入るので肺にまで達し、誤飲性肺炎を引き起こしてしまいます。日本人に肺炎が多いのは、先進国の中でも口腔環境が悪いからとも言われております。それゆえ歯科医院での口腔清掃が大事になります。
もちろん毎日の自宅での丁寧なハミガキもとても大事です。
口腔ケアを徹底するために、舌磨き(やさしく)も効果的です。

歯の無料相談会のご案内

対象:乳幼児と保護者
時間:11時~
開催日について
新型コロナウイルス感染症の拡大の懸念から、当面の間開催を見合わせます。
開催日については、今後の状況に応じて改めてお知らせ致します。
ご理解ご協力をお願いいたします。

子供の歯の生え方が変わった!
<前歯が早く、奥歯は遅く> 歯科雑誌 アポロニア21より
掲載日 7月1日(水)

 30年ぶりに小児の歯の生え方に関する全国調査が行われました。乳歯の結果を紹介しますと、最初に生えてくる下の前歯は、30年前に比べて男児・女児共、1ヶ月ほど早まり、上の前歯にしても同じく早まっている傾向です。しかしそれに反して、奥歯については、30年前とは変化がないものの、80年前と比べると男児・女児共2~3ヶ月遅くなっているということでした。永久歯にも同様の結果がみられました。
 近年の食と食生活を中心とした生活環境の急激な変化が、以前は何万年もかかった変化が、ここ100年足らずの極めて短時間で加速度的に現れるようになりました。そのため身体が環境変化についていけなく、歯列不正などのさまざまな不具合が生じるようになりました。生活環境の急激な変化とは、現代と「ちびまる子ちゃん」の時代と比べてもらえるとよく分かると思います。特に、食卓の風景のです。時代が代わり、生活が和から洋になりました。その変化が、身体に現れるようになったと考えられます。
「ちびまる子ちゃん」には、昭和の食事風景の場面がよく出てきますが、これがヒントなのかも知れません。
今年の夏は、マスクが必要です。熱中症に気をつけて!
掲載日 6月1日(月)

 今年も暑い季節になりました。今年は例年と違い新型コロナウイルス感染予防のために、マスクが必需品です。マスクの中に熱がこもって、いつもより熱中症の危険が高くなる予想が出来ます。それゆえ、水分補給がとても大切です。
 お子さんの歯が乳歯や生えたての永久歯場合は、質がとても弱いので、気をつけて下さい。スポーツドリンクなどは、飲ませるタイミングを間違えないようにして下さい。虫歯になる危険が大きくなります。その時の身体の状態に合わせて、スポーツドリンク、水、麦茶等を選んで下さい。寝る前のお風呂上りは、虫歯になる危険度が高くなります。麦茶等の砂糖の無いものにして下さい。もちろん、口当たりが良いかもしれませんが、アイスクリームもダメです。食べても虫歯の危険のない時間に、楽しみましょう。

手づかみで食べること。
掲載日 5月1日(金)

 赤ちゃんが成長して、自我が芽ばえてくると何でも触ってみたい時期があります。そして食べることに興味が出てくる時期になると、食事の時には、もちろん手がでてきます。最初は上手に摘まめなくて、グチャグチャにしてしまったり、口に運んでもうまく入れられなくて床にこぼすこともあります。どの子も通る道と、親はあきらめが必要な時期でもあります。なぜならば、手づかみで食べるということが、一人で食べることの大切なステップになるからです。この手づかみ食べが、食べ物を口に運こぶ(捕食する)ことや、手のちから加減を覚えたり、一度に口に入れる量を覚えたりする大切な「始めの一歩」でもあります。何度もうまく食べれないのを繰り返しながら上手になっていきます。そしてスプーンやフォークを使うことが出来るようにと繋がっていくのです。上手にひとりで、食べれるようになるまで、親御さんは見守ってあげて下さい。