武田歯科医院 - 鶴岡市 山形 歯科 予防歯科 インプラント ホワイトニング バネない入れ歯

鶴岡市にある歯医者 武田歯科医院 大切なことは・・・歯と一生お付き合いするための予防です!

インプラント

インプラントとは

サンプル画像
歯を失ってしまった場合、顎の骨の中にネジの様な人工の歯根を入れ、その歯根の上に人工の歯を作り装着します。人工の歯根はチタンで出来ているので安全です。歯の最も重要な役割は、噛む事です。奥歯は食べ物を噛み砕きすりつぶす機能を持っていますし、前歯は、食べ物を切り裂く機能はもちろん発音機能や審美的な要素も含まれます。しかし、虫歯や歯周病、不幸な事故により歯を失ってしまう場合、歯というものは、たった1本の歯を失うだけでも機能と審美が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼします。 そのため、できるだけ早くその失った部分を人工の歯で補っておくことが重要です。人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものですが、顎の骨に埋め込むことで、第2の歯として楽しく食事をすることが可能です。また 上部構造の歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、きれいに仕上げることが可能です。

インプラントをおすすめする理由は

インプラント治療を考える場合、メリットとデメリットを良く理解していただく必要があります。 インプラントのメリットは、”見た目と機能性のすばらしさ”が注目されていますが、 当院では”隣の健康な歯に負担をかけない”ところを最大のメリットと考え、お勧めしております。


[インプラント]

独立した人工の歯根を埋入するので、他の健康な歯に負担がかかりません。
[ブリッジ]

両隣の健康な歯を削り支えにするので、両隣の歯に負担がかかってしまう。
[入れ歯]

健康な歯に義歯を固定するための金具が必要な為、支えとなる歯に負担がかかってしまう。

インプラントのメリット

・健康な歯を削る必要なく、周りの歯に負担をかけない。
・天然歯に近い仕上がり。
・義歯などしっかり固定、「ずれ」などによる不快感を解消。
・骨吸収の防止に役たち、顔の表情や輪郭を保つ(あごの骨がやせ細るのを防ぐことができる)
・入れ歯などに比べ、自然に咬むことができ、美味しく食べられる。
・口元を気にせず、自然に話すことができる。

インプラントのデメリット

・ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる(個人差あり)
・手術になるので、状態により適応とならないケースもある他、比較的費用がかかる
・定期メンテナンスが必要になる(通常少なくても、半年に一回の メンテナンスが必要)

インプラント治療の流れ

STEP1 [診査・診断]

CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。



STEP2 [カウンセリング]

診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。



STEP3 [インプラント埋入手術]

インプラントオペは麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。麻酔が切れた後に軽い痛みを感じることはあるのですが、痛みどめを服用するほどでもない 場合がほとんどです。術後2、3日多少腫れることはありますが、次第におさまりますので、仕事や学校を休む必要はありません。



STEP4 [メインテナンス]
定期的なメンテナンスで歯垢、プラークを落とし、口腔内を清潔に保つことが、重要です。一般的には、3ヶ月に1回程度の間隔でメンテナンスを行います。メンテナンスはクリーニングですので、痛みはありません。